FC2ブログ

ピクニックatハンギングロック

犯人はこの中にいま?

パッケージ画像




 残酷描写:無し
 性的描写:無し
 子供にみせられる度:芸術が好きならば

私は”賛否両論分かれる”という表現を極力使わないようにしています。
観た人全員が同じ感想抱くことはありえず、賛否分かれるのが普通なので。
そんな私でも、どうしてもその言葉を使わざるを得ない系統の作品があります。
解決編がないミステリーです。

ある事件が起こる→犯人と犯行の全容が解明される。
こんなの当たり前過ぎるくらい当たり前の流れじゃないですか。
コナン君が犯人分からずに事件終わったらコナンにならないじゃないすか。
ならない作品が稀にあるんだなこれが!

1900年のオーストラリア。女学校の生徒たちが遠足で岩山を訪れ、数人が頂上を目指したきり戻ってこなかった。果たして彼女たちはなぜ山を登ったのか?どこに消えたのか?これが事件なら犯人は誰なのか?
それらすべてが解決しないまま終わります。そりゃSANPIも分かれるわな!
ところどころに謎解きのヒントがちりばめられているのにそれらが使われることなく終了します。
ざっけんな時間返せオラァッ!とブチ切れる人がいてもおかしくありません。
そのへんスタッフはどう考えてるのかとインタビュー集を観てみたら、彼らはすべてを承知の上でした。
「人は解決した事件はいずれ忘れる。でも未解決の事件はずっと記憶に残り続ける。そういう映画を作りたかった」

確かに、分からなくもありません。
謎は謎であるうちのほうが魅力的とも言いますが、記憶には残ります。
本作が製作されたのは1975年。当時映画館で観た人もきっと本作のことは鮮明に覚えていることでしょう。
やりたいことは明確で、狙い通りの作品を作れた。そして製作費の十倍の興収をあげた。
本作は大成功作です。

でも、そのような作品のほうが一般的な解決編ある作品よりも好きって人はこの世に一人もいないと思います。
純粋な娯楽作品とはかけ離れた芸術作品です。
こういう作品をきちんと評価できる大人になりたいものです。
いや、やっぱりなんなくていいやアイラブ娯楽。

↓参考にならなかったら叱咤を込めてクリックお願い致します
 にほんブログ村 映画ブログへ


記事のリクエスト受付はこちらまで

カテゴリ:映画ーは~ほ
タグ:個人的評価:☆3個 オススメ度:☆3個 ピーターウィアー レイチェルロバーツ アンランバート ドミニクガード ヘレンモース ヴィヴィアングレイ カースティチャイルド
個人的評価:☆☆☆
オススメ度:☆☆☆
残酷描写:無し
性的描写:無し
子供に見せられる度:芸術が好きならば





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

tag : 個人的評価:☆3個, オススメ度:☆3個, ピーターウィアー, レイチェルロバーツ, アンランバート, ドミニクガード, ヘレンモース, ヴィヴィアングレイ, カースティチャイルド,

コメントの投稿

非公開コメント

全記事一覧
全記事一覧
記事ランダム表示リンク
ステータス別リンク
心の底から大嫌いなクソ映画
個人的評価:☆5個
個人的評価:☆4個
個人的評価:☆3個
個人的評価:☆2個
個人的評価:☆1個
オススメ度:☆5個
オススメ度:☆4個
オススメ度:☆3個
オススメ度:☆2個
オススメ度:☆1個
最新記事
カテゴリ
すごく使える参考資料
最新コメント
最新作いろいろ
Twitter
リクエスト受付
ブログ内検索
プロフィール

オータケ

Author:オータケ
好きな言葉「大海原」「地平線を埋め尽くす」「前倒し」「~及び~」
嫌いな言葉「定価」「先送り」「検討」「遺憾の意」「訴状が届いていないのでコメントできない」

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新リリース